換骨奪胎ポツダム宣言

電子媒体を活動拠点とする不定形サークル『FunnyCreative』の活動報告ブログです。
『小説家になろう』サイトを利用した作品の公開や、『AmazonKindle』を利用した作品の販売などが活動の中心です。

ハウツー

「電子書籍を作ってみて気づいたことあれこれ・その2」結局何使えばいいの編

前回:「電子書籍を作ってみて気づいたことあれこれ・その1」選ぶこと多すぎ編

今回は実際にどんなソフトを使ってEPUBデータの変換を行ったかという点について書いていきます。
おそらく電子書籍に興味のある方は既にもう、様々なソフトを使って試された後かと思います。

もし自分の本を読んでいただいた方の中で、「自分も作ってみたい」と思ってくださった方が居たとします。
その方達がイチから始めるとき、まず何をすべきか、どう選ぶべきか、という部分を主軸にして書いていきます。

あくまで「どれが楽に使えるか」「導入しやすいか」という視点に基づいて書いていきます。
要するにユーザーベースの考えです。まさか開発側の方が見られるとは思いませんが、念のため。

また、今回は一太郎やInDesignのような有償ソフトについては使う予定がないので書きません。

画像とテキストがベースの小説本に対して、これらのソフトの機能を使うのは過剰であり、費用対効果が薄いこと。
また、 凝ったデザインを作っても表示端末によってかなり見た目が崩れてしまうので、シンプルに最低限の機能だけ使うのがいいでしょう。
続きを読む

「電子書籍を作ってみて気づいたことあれこれ・その1」選ぶこと多すぎ編


「電子書籍、興味はあるけどソフトとか難しいしややこしくて分からない」

「あれこれ自分でやれるのは面白そうだけど、やること多すぎて面倒くさそう」

そんなあなたでも大丈夫。そう、やる気さえあればね。

というわけで今回はずばり「電子書籍作るにはまず何するの?」 という話をしてみたいと思います。

断っておきますが、今回お話するのは小説本に限った話です。
電子書籍で漫画出したいとか、ブログ本出したい方とかは、経験者に聞きにいってどうぞ。

また、ソフトウェアに対してがっつり知識があるわけでもないので、詳しい解説は詳しい人に任せます。
あくまで「パソコンの知識がそこそこだけど小説書いて電子書籍にしてみたい人」を念頭に書いていきます。

作ってもどうせ売れないとか、売るつもりないって人も、試しに自分の作品を書籍化してみるだけでも楽しいと思います。
ちょっと頑張るだけで、出版社から出てる電子書籍と全然変わらない見た目のものが出てくるので結構ビックリします。

利用法は作っちまってから考えりゃいいとも思います。

例えば、賞に送る原稿を電子書籍にして読みやすくすることで推敲を簡単にするなんて個人的な使い道もいいでしょう。

書いた小説を友達に読んで欲しいとき、ナマのテキストで送るよりEPUBで送った方が見やすいしカッコイイです。

サークルや文芸部の活動を電子書籍でまとめて部誌にするなんてのも面白そうですね。

で、作る前に色々考えることがいっぱいあるので、その辺をちょっと備忘録的にまとめてみました。
 
続きを読む